大学で教わらなかった知識、その大切さ、奥の深さに気づいたから。松島 なつ実さん/つくば手代木店/2012年入社

現場の意見を尊重する社風も実感。

大学の講義や実務実習のなかで在宅医療の必要性を感じ、私も社会に貢献できたらと思い、在宅医療のノウハウが学べる当社に興味を持ちました。社長自ら現役薬剤師とあって、現場の意見を尊重するボトムアップ型の社風も魅力でした。実際、「こういうミスをしやすい」と相談すれば、先輩からすぐにアドバイスがもらえますし、どんどん改善されていくので働きやすさは実感しています。
現在は、外来業務と在宅業務を行っています。週10人前後を訪問。介護されているご家族との会話が多く、管理しやすさ、飲みやすさなどのご要望は医師に伝えています。その結果、「楽になった」と喜んでいただけるときは嬉しいですね。

使用感や道具、法律まで幅広くアドバイスができる医療従事者になりたいのです。

業務を通じて、薬の風味やにおい、溶けやすさ、飲みやすくする方法など、教科書や添付文書には載っていないことの大切さを知りました。先輩は、薬の知識だけでなく、道具などの便利さもよく知っています。また患者さんも、処方された薬に限らず、OTC医薬品も使っていますので、自分でも試して、意見を持ちたいと考えています。在宅医療での経験を積みながら、またさまざまな診療科の処方箋で知識を吸収し、いろんな引き出しを増やしたいですね。
そうして、私は、患者さんに頼りにしてもらえるような医療従事者になりたいです。薬や病気、介護や保険などあらゆる分野について相談されても的確に答えていけるよう、勉強会などを活用しながら成長していきます。

友達と会って話して楽しんで…在宅医療はまだまだなんだと改めて実感します。

オフは、読書や掃除、ショッピングなど、その時の気分によって楽しんでいます。高校や大学の友人と遊ぶと、自分とは異なる分野の話を聞くことができておもしろいですね。もう結婚する人も出てきているんですよ。大学の友人は、同じ薬学部でも、病院、薬局、メーカーと勤務場所はさまざま。でも在宅医療の話は出てこないのが現状で、あらためて、「当社は力入れているんだなあ」と実感します。在宅医療がもっと広まっていくと、世の中よくなるはずですよね。私個人として、課題は運動です。暑さ寒さを理由にしてしまいがちなんですが、無理のない運動に挑戦できたらと考えています。健康あっての、薬剤師ですから(笑)!

Copyright 2013 Akebono Pharmacy Group