調剤・在宅医療

調剤

全店に散薬監査システム並びに錠剤自動分包機(ATC)を導入しており、調剤作業の効率化を行うと同時に、調剤作業のミスを起こさないようなハード面での薬剤師業務のバックアップを行っています。

患者さんへの服薬指導の際には的確な指導ができるよう、電子薬歴を使用しています。

あけぼの薬局の中で4店舗(石下店・千代川店・上石下店・水海道店)では、あけぼの薬局のオリジナルのお薬(薬局製剤)の製造・販売をして積極的に地域の患者さんに活用して頂ける薬局を目指しています

在宅

平成8年の開業当初より、クリーンベンチを導入し、無菌調製ができる設備を擁しています。また、上石下店・つくば手代木店ではクリーンルームを導入しています。茨城県内では在宅の分野において、先駆者であり、常に県内の在宅医療をリードしている調剤薬局です。

支援室を開設し、通常業務に捉われない在宅専任の薬剤師を配置する事により、全店の在宅のコーディネートやバックアップ、また、在宅導入期における退院時共同指導への出席等も積極的に行っています。

iPadを使用した在宅支援システムを導入する事により、DI管理はもとより、在宅患者様の“電子カルテ化”の実現で、さらに充実した医療サービスが可能となっています。また、訪問服薬指導の現場で記入した内容がそのまま電子化され、薬剤服用歴への記録作業や計画書・報告書作成業務を大幅に軽減しています。

Copyright 2013 Akebono Pharmacy Group